ブログ

知りたい!かつおのたたきが生まれた由来は? | わらやき屋龍馬道場

2017.12.6
こんにちは、わらやき屋龍馬道場 PR担当です。

 

高知県土佐の郷土料理でありながら、非常に美味しいということで全国的に食べられている料理といえば、「カツオのたたき」です。カツオのたたきは、どのような経緯で生まれたのか、さまざまある諸説などについて、詳しくご紹介したいと思います。

 

漁師のまかない料理が起源?




高知県では昔からカツオ漁業が盛んに行われていました。そのため、漁師や港町では、新鮮なカツオが手に入るため、基本的にはカツオをお刺身などで食べていたとされています。ただ、毎日刺身ではさすがに飽きが来てしまいます。そこで、漁師さんの工夫により、刺身に塩を振って炙ったところ、非常に美味しかったことからカツオのたたきが生まれたといわれています。

 

焼き魚と偽ったことが起源?


また、別の説では焼き魚と偽ったことが始まりだといわれています。江戸時代では、多くの人がカツオを生で食べていました。しかし、カツオに潜んでいる寄生虫が原因による食中毒が横行したことがあります。そのため、カツオを生で食べることが禁止されたのです。ただ、どうしても生のカツオを食べたいということで、表面を明るく炙り、焼き魚と偽って食べたことで生まれたという説もあります。

 

知恵を振り絞って生まれた食べ方




今回ご紹介した説のほかにもカツオのたたきの由来は多く語り継がれています。ただ、どれをとっても知恵を振り絞って生まれたおかげて、今美味しく食べることができています。当店では、厳選したワラで焼き上げたカツオのたたきを一般的なポン酢だけではなく、地元の食べ方である塩たたきとしてもご提供しております。どちらの食べ方も非常に美味しいです。是非、食べ比べをして、好みの食べ方を見つけてみてはいかがでしょうか?

 

新橋駅1分。


絶品の土佐料理と上質な個室が人気の居酒屋。


最大26名までご利用可能な個室は


掘りごたつ席とテーブル席がお選びいただけます。


上質な空間でご宴会や接待におすすめ。


飲み放題付き宴会コースは4000円~で


日本酒も含まれる飲み放題はお得。


豪快な炎で焼き上げる「藁焼き」で


かつおや地鶏を美味しく仕上げました。


大人数宴会や飲み会、接待にもおすすめの居酒屋。


みなさまのご来店を、心よりお待ちしております。

 

Twitterはこちら

Instagramはこちら

電話番号:050-7300-1898

 

以上、わらやき屋龍馬道場、PR担当でした!

※記事中では一部著作権フリーの画像を使用している場合がございます。

わらやき屋 龍馬道場 新橋のご案内 | 新橋 居酒屋

店名
わらやき屋 龍馬道場 新橋
住所
東京都港区新橋3-22-3 新橋S・PビルB1〜2F
電話番号
050-7300-1898
営業時間
月〜木・土
17:00〜23:00
(L.O.22:00)

金・祝前日
17:00〜翌5:00
(L.O.4:00)

※年末年始の営業日・営業時間は変わる事がございますので詳細は店舗までお問 い合わせ下さい。
定休日
日曜日
祝日
アクセス
JR 新橋駅 烏森口 徒歩1分
ゆりかもめ線 新橋駅 A2番出口 徒歩2分